腰の痛み


腰痛に関わる筋、骨格
腰痛に関わる筋、骨格

腰の筋肉で、一番重要な筋肉は腸腰筋(ちょうようきん)と呼ばれる大腰筋と腸骨筋が合わさった筋肉です。

腰痛と聞けばやみくもに腰のあたりを揉んだり、肝心の痛みを出している筋肉にアプローチしていなかったらそう簡単には痛みは取れません。この筋肉、どこの靭帯を、具体的な部位をとらえなければなりません。

腸腰筋は、腰椎から腹腔内を通り、大腿骨の上方へ走る筋肉です。
わかりやすく言えば、背中から太ももの付け根にかけて、腹の中を後ろから前に向かい、斜めに通っている筋肉です。